エアサイクルの家


エアサイクルの家とは?

冬のエアサイクル 夏のエアサイクル

エアサイクル」とは、何でしょう?
正式には、「エアサイクルシステム」と言います。エアサイクルを日本語に訳しますと「空気の循環」となります。この空気の循環に重きを置いた工法が「エアサイクル工法」なのです。

エアサイクル工法と従来の断熱工法の違い

四季のはっきりしている日本においては、これまで様々な工夫で、住みやすい家を建てて参りました。その中で、皆様にもっとも馴染みのある断熱工法としては「充填断熱工法(じゅうてんだんねつこうほう)」が挙げられます。
これは、断熱材や高断熱性能のサッシなどで家をまるごとくるんで機密性を高めて「外の熱を屋内に入れない・外に屋内の熱を逃がさないようにしよう」という考え方の工法です。しかし、これには大きな問題がありました。これは分かりやすく言うと、家そのものをビニールでくるんでしまうようなものなのです。そうすると、当然ビニールの中(屋内)には湿気がこもります。そして屋内と屋外で温度差が生じることで、断熱されていない部分(柱や梁)でその有り余った湿気が「結露」を起こします。この結露が、家屋にとって致命的となるさまざまな問題を引き起こすのです。カビやダニの発生、そして湿気を吸った木材を好物とするシロアリの発生など。カビやダニはアレルギーの原因とも言われ、そしてシロアリによって食い荒らされた柱や梁は、元通りになることはありません。
たかが湿気ですが、それが、家族にとって、そして家屋そのものにとって重大な問題を招くのです。

「エアサイクル層」で空気を循環

空気が流れるエアサイクルボード

では、その湿気を防ぐにはどうしたらよいのか。
それは「動く空気に触れさせる」ことです。
木には本来、持って生まれた調湿機能が備わっています。木そのものが、湿気の高いときは湿気を吸い、乾燥しているときにその湿気を放出するのです。その調湿機能を十分に発揮させるには、動く空気に触れさせることが重要なのです。
エアサイクルの家は、この「動く空気にいかにして木材を触れさせるか」に重きを置いた工法なのです。コラム工法によって床下に湿気がこもるのを防ぎ、壁に施工されたエアサイクルボードによって壁にも空気の流れを作り、さらに天井裏と床下に作られた吸気口換気口を設け、それらによって家全体に空気の流れを作り出します。
これにより湿気がこもることを防ぎ、木材にダメージを与える結露を撃退するのです。

省エネ、そして長寿命

夏場、外気によって暖められた空気は上に上にとのぼる性質を利用し、換気口と吸気口で空気の流れを制御します。そして冬場は、暖められた空気が逃げないように、また換気口と吸気口で空気の流れを制御します。エアサイクルの家で行うことはこれだけです。エアサイクルの家では、特別な機械は使わず(※)、部材そのもので集熱・蓄熱・空気循環を行うのです。
機械には寿命があります。そして電気代や維持費などのランニングコストもかかります。しかし、機械を使わなければ、これらのランニングコストはゼロです。
そして、家の柱や梁が長持ちすれば、それだけ住んでいられる期間も延びます。そして、単純にコストに還元できない家族の健康という大きなメリットがございます。
電気代もかからず、家も長持ち、そして家族も健康に。それが「エアサイクルの家」なのです。

※換気口吸気口の開閉を自動で行える温度センサーを用いたタイプもご用意しております。

耐震性にも十分配慮

J耐震開口フレーム プラキソの基礎

家造りには、基礎が大切です。この基礎さえしっかりしていれば、その上に築かれるものも安定します。
エアサイクルの家では、プラキソと呼ばれる型枠で基礎をつくります。このプラキソとは、断熱材を兼ねた型枠で、外気温に左右されない床下環境を作ることが出来ます。
そして、基礎の内部は、空気の循環を妨げないコラムベースと呼ばれる円柱型の基礎を採用しています。耐震性のある一体的な基礎になるよう、コラムは地中梁で繋がっています。

JBRA-1工法 コラムベースの基礎

これによって、床下の通気性が向上し、湿気がこもらず、清潔さを保つことが出来るようになります。床下の部材の腐りを防ぐのも、耐震性向上には重要な要素なのです。更に、窓や出入り口などの大きな開口部にはJ耐震開口フレームを使い、部材の接合部分には木との相性が良く、鉄の約5倍の引っ張り強度を誇るアラミド繊維シートを用いたJBRA(ジャブラ)-1工法を採用しています。スポーツ選手の関節のテーピングのように、木材の接合部分に強力な接着剤でアラミド繊維を貼り付けて、耐震性を万全なものにするのです。
これらの総合的な耐震性能の強化と、木そのものの耐久性を高めるエアサイクル機能を両立させることが出来るエアサイクルの家こそ、本当に地震に強い家だと言えます。

間取りにも制限無し、自由設計

家1 家2 家3

家4

特殊な造りだから、間取りにも制限がある…と思われがちですが、そのようなことはございません。
専用部材を組み込むと言うだけで、家そのものはふつうの木造住宅であって、それも自由設計の注文住宅です。外観も間取りも設備も、建て主様の暮らしや好みにあわせて建てられるのです。
いくら住みよく低コストでも、プレハブ住宅のように間取りのパターンや外観が決められていて、それにあわせて人が住むのではなく、住む人にあわせて家を建てられる。何十年も過ごす場所だからこそ、これはとても大切なことなのです。

お問い合わせ

エアサイクルの家に興味を持たれた方には、無料でパンフレットをお送りしております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

エアサイクルについて、もっと詳しく

エアサイクルの家について、もっと詳しくお知りになりたい方は、こちらのホームページをご覧下さい。

エアサイクルの家